社員インタビュー

毎日が楽しい!そう思える働きやすい環境

営業事務・総務・経理

冨田麻衣

2013年新卒入社

自分で考えて進められる仕事にやりがいを感じる


事務職を希望しており、何社か企業見学に行きました。その中で、当社のイメージが一番良く、第一志望になりました。面接では社長も専務もとても気さくで明るく、堅苦しい感じがまったくありませんでした。とても家族的な雰囲気にも惹かれ、内定をもらった時はとても嬉しかったです。
現在は営業事務と総務、経理を担当しています。来客対応から工場の事務作業まで、仕事内容は多岐にわたります。作業効率を考えて、次に何をやるべきか、仕事の段取りを組むことが好きで、得意でもあるため、事務職は自分に向いていると思っています。時々電話で「おいしかった」と商品の感想を直接伝えてくださる消費者の方もいて、とても嬉しい瞬間です。

仕事に対する自信がつき、頼られる存在に

入社一年目は、本当に何もできず、私はこの会社に必要なのか?と落ち込むばかりの毎日でした。そのたびに先輩に助けられて、ひとつずつ仕事を覚えていき、できることが増えてくると自信もついてきたように思います。工場の人たちからも頼られていると感じることも多く、やりがいを感じるようになりました。ただ、やはり会社の顔としてお客様に一番近い立場になりますので、お客様からのクレームをいただく時は辛いこともあります。一方で、お客様から電話の対応が素晴らしい!と褒められることもあり、嬉しいことをモチベーションに頑張ろうと思っています。

すべてを前向きに捉える社風が魅力


当社の最大の魅力はやはり人のよさだと思います。穏やかな雰囲気で、声を荒げるような人は誰もいません。たとえミスした時でも決して怒ったり責めたりするのではなく、みんなで解決していこうという社風です。ミスをした後輩にも、「いい経験をしたね」と上司が声をかけていました。ただし、優しいからといってそれに甘えるのではなく、自分で自分に厳しくしなければなりません。それが成長につながるような気がしています。
倉庫の在庫から出荷数を決める作業は、今は上司にしかできないものです。経験から予測を立てていく仕事内容なので、私にはまだまだ難しいのですが、それでも少しずつ教えてもらいながら、入庫や在庫、出庫数から感覚でわかるようになることが今の目標です。

一日の流れ

8:00出社

8:10始業

データ入力、出荷伝票チェック、入金支払処理、電話・ファックスでの受注処理を行います。

12:00昼食

会社でお弁当を食べます。

13:00午後からの業務

翌日出荷予定の注文票の作成、電話・ファックスでの受注、仕入れ、売り上げの請求書処理を行います。

17:00退勤

他の社員インタビュー